新しい結核症例の推定数、2004年。

データは世界保健機関からのものである。 その他の高負担国は、症例数の降順に、フィリピン、ケニア、コンゴ民主共和国、ロシア、ベトナム、タンザニア、ウガンダ、ブラジル、アフガニスタン、タイ、モザンビーク、ジンバブエ、ミャンマー、カンボジアである。

結核はインドで最も一般的なHIV関連の日和見感染症であり、両方の疾患を持つ患者のケアは公衆衛生上の大きな課題である。 インドには約1つの国がある。世界の新しい症例の5分の1を占め、毎年800万人の結核の新しい症例が他のどの国よりも多くなっています(円グラフを参照)。1潜伏結核菌感染症の患者は、HIVと共感染している場合、進行のリスクが高くなります。 HIV感染患者は、結核治療に対して、感染していないが再発および死亡のリスクが高い患者と同様の細菌学的反応を有する。 HIV疾患の進行に対する結核共感染の影響は議論の余地がある。2

2004年、インドの約330,000人が結核で死亡した。1人あたり400万人以上が潜伏性結核感染症を患っている。3結核は、HIVにも感染している人の半分以上で発症することが期待できます。 しかし、現時点では、インドの新しい結核症例の約5%のみがHIV共感染者に発生しています。 この状況は、多くの国で結核の発生率がインドよりも高く、結核患者の80%がHIVと共感染しているサハラ以南のアフリカの状況とは異なります。 アフリカでは、HIVは四半世紀前に達成された結核コントロールの利益を逆転させました。1,2このような逆転はインドでは起こりそうにない。4

インドは1993年5月に改訂された国家結核管理プログラムを開始した。 典型的には、治療の最初の2-3ヶ月の間に、投薬は直接観察下で週に三回投与される。 その後の4-5ヶ月の間に、三つの毎週の投与の少なくとも一つが直接監督されています。3

結核のためのDOTSへのアクセスを持つ人口、およびDOTSを受けている患者。

データは、改訂されたインドの国家結核管理プログラムからのものである。

パイロットテスト後、1990年代後半にドットの急速な拡大が始まり、2006年にはインドが全国的なカバレッジを達成しました(折れ線グラフ参照)。 毎月、100,000人以上のインドの患者—新しい陽性の痰の塗抹標本を持つそれらの人の約五分の二—治療を開始します。 治療の成功率-治癒した新しい塗抹陽性患者の割合(すなわち、その喀痰塗抹標本は陰性である)プラス治癒の細菌学的確認なしに治療を完了した割合は—約86%です。1患者の約2%で治療が失敗し、7%で2ヶ月連続以上治療が中断され、4%が治療にもかかわらず死亡する。3多剤耐性結核の推定発生率は、新規症例の患者では2.4%、以前に治療を受けたことがある患者では15%である。 2006年には、治療のための国家予算は$57百万であり、結核コントロールの総コストは1 100百万でした。1

インドの国家結核管理プログラムは、ケア、診断、治療を巨大な規模で提供しています3,5-国家エイズ管理プログラムが拡大するにつれて学ぶことができる例を提供しています。 もちろん、HIV治療はしばしば結核治療よりも複雑で高価であり、無期限に継続しなければなりません。 HIV感染患者が結核患者と同じ施設で治療される場合、結核の院内感染のリスクが高いことを考えると、効果的な感染管理措置が不可欠である。 Coinfected患者を気遣うとき、医者は病気の防止と関連しているそれらのような多くの臨床問題を、考慮しなければならない;処置の時期;薬物の選択;薬剤の相互作用、副作用および抵抗;および他のmycobacteriumの緊張との潜在的な再感染。 抗レトロウイルス療法は、HIV感染に関連する結核による死亡数を減らすために不可欠です。4

インドでは、結核ケアとHIVケアがますます調整されていますが、完全な利益はまだ実現されていません。 成功した調整の例は、HIVのための自主的なカウンセリングとテストセンターから結核コントロール施設への疑いのある人々の紹介です。 2006年1月から9月の間に、hiv陽性の結核の疑いのある15,000人とHIV陰性の16,420人が、HIV罹患率が最も高いインド6州(アーンドラ・プラデーシュ州、カルナータカ州、マハラシュトラ州、マニプール州、ナガランド州、タミル・ナードゥ州)のセンターによってこのような施設に紹介され、それぞれ22.3%と23.9%の患者で結核と診断された。 これらの患者の多くでドットが始まった。 結核とHIVの両方の制御は、プログラムが可能な限り協力し、残りの医療と密接に統合されている場合に最も成功する可能性があります。2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。