タイプIXの構造の歴史

Uボート 造船所 Werk# 建造中
U-37-U-44 8 アグ-ヴェーザー(ブレーメン 942- 949 1936 – 1939

1935年から1936年にかけて大型の洋上Uボートとして設計され、ia型から派生した。 潜航深度は100m、潜航深度は200mと設計されている(多くの艇はより深く潜航して生き残った)。 水線の下に6本の魚雷発射管(船首に4本、船尾に2本)を装備し、22本の魚雷を搭載した。 それらはVIICと同じhydroplaneとrudderレイアウトを持っていました。 一つは管制室(タイプIXC以降から削除)に潜望鏡、二つは塔にあります。

タイプIXには5個の外部魚雷コンテナ(船尾に3個、船首に2個)があり、10個の追加魚雷を保管していました。 鉱山層として、彼らは44TMAまたは66TMB鉱山を運ぶことができました。 IXCボートの多くは、鉱山の操作のために装備されていませんでした。 副武装は、約110ラウンドを持つ1つの大きなUtof105/45銃によって提供されました。 AA軍備は戦争を通して異なっていた。

Ixb型は、射程が増加し、やや重い改良型であった。


戦前の写真でここに見られるタイプIXのU-42。

すべてのタイプIX Uボート

以下に、このタイプの8隻の就役したUボートを見ることができます。

U-37、U-38、U-39、U-40、U-41、U-42、U-43、U-44。

タイプIXのための技術情報

変位:
(トン)
1032(sf)
1152(sm)
1408(合計)
長さ:(m) 76,60oa
58,75ph
ビーム:(m) 6,51oa
4,40ph
ドラフト:(ドラフト) 4,70m
高さ: 9,40m
パワー:(hp) 4400(sf)
1000(sm))
スピード:
(ノット)
18,2(sf)
7,7(sm))
範囲:
(マイル/ノット)
10500/10(sf)
78/4(sm))
魚雷: 22
4/2 (弓/船尾の管)
鉱山: 44TMA
デッキガン: 105/45
110 ラウンド
乗組員: 48-56人
最大深度: ca. 230m
(755フィート)

sm=水没、sf=浮上、ph=圧力船体、
oa=全体、hp=馬力。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。