酸化ストレスは、統合失調症の病態生理に寄与することが示唆されている。 特に、統合失調症で観察される脂質、タンパク質、およびDNAへの酸化的損傷は、細胞の生存率および機能を損なうことが知られており、これはその後、病気 現在入手可能な証拠は、統合失調症における酵素的および非酵素的抗酸化系の活性の変化に向けて指摘している。 実際、実験モデルは、酸化ストレスが統合失調症で観察されたものと著しく類似した行動および分子異常を誘発することを実証している。 酸化ストレスは炎症,オリゴデンドロサイト異常,ミトコンドリア機能不全,低活性N-メチル-d-アスパラギン酸受容体および高速スパイクγ-アミノ酪酸介在ニューロンの障害などの病態生理学的プロセスの様々な密接にリンクされていることを示唆している。 このような自立機構は、統合失調症に関連する機能的および構造的な結果を生じることを徐々に悪化させる可能性がある。 最近の臨床調査は統合失調症の徴候の改善で有効であるために酸化防止処置を示しました。 したがって、酸化ストレスと結果として生じる生理的障害に取り組むための実行可能な治療戦略を特定することは、統合失調症の治療と最終的に予防のための刺激的な機会を提供します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。