奇形精子症は、男性の最も一般的な不妊の問題であることを起こります。 奇形精子症は、遺伝的欠陥、癌治療の副作用、糖尿病、およびストレスを引き起こす。 奇形性精子症の治療についての続きを読みます.

奇形精子症の治療

奇形精子症の治療には、もちろん、IVF ICSI、IUIなどの様々な不妊治療、およびライフスタイルの変化の実施が含まれます。

古くから、不妊は確かに女性だけに関連する問題であると考えられています。 何があっても、男性の健康診断は、不妊症の原因を確立するために重要ではないと考えられていました。 しかし時が変わると同時に、男性の豊饒の役割はむしろたくさん調査され、重要性は豊饒の定義で再び強調される。 これはまた不妊が女性だけに限られていないことを今理解できる人々の考え方の変更で起因した。

今、妊娠の問題は、精子の数が不足している、運動性が低い、質が低いなど、男性パートナーの精子パラメータに関する多くの問題が原因である可能性がある そのような問題の一つは、奇形精子症または奇形精子症の治療である。

催奇形性精子症または催奇形性精子症とは何ですか?

奇形精子症はむしろ異常な精子形態として定義される。 奇形精子症とも呼ばれます。 この障害は、男性が異常な形の精子を生成する原因となります。 作り出される精液は頭部、midpieceまたは尾で不完全です。 奇形精子症はむしろ男性不妊の原因の一つとして考えられています。 精液の形態を点検するためには、精液の分析かseminogramは顕微鏡の下で精液の形を見るために染料テストの使用と実際に行われます。 これらのテストは形について明らかにし、また精液で見つけられる形態学的欠陥の明確なパーセントを与えます。

催奇形性精子症の原因

多くの場合、催奇形性精子症の特定の理由を確立することは確かに困難です。 精子形成の最終段階(精子生産のプロセス)の間に起こる形態学的修飾は、実際に奇形精子症の責任ある治療であることはむしろ当然のことである。

化学療法や放射線療法などの治療も精子産生プロセスにおいて役割を果たしており、奇形精子症の発症につながることも注目されています。 男性はまた、病気が完全に治療された後、将来父親になりたい場合に備えて、精液サンプルを凍結させることをお勧めします。

その後、FSH、テストステロン、GnRHなどの体内で産生されるホルモンと相互作用して精子の生産プロセスに変化を引き起こし、不完全な成熟をもたらす これは男性の奇形精子症のもう一つの理由です。

催奇形性精子症につながる要因はかなりあります。 精子の異常な形状の原因は人によってかなり異なり、時にはこの病気の背後にある理由を評価することはむしろ非常に困難です。 今までに特定された最も一般的に発生する理由のいくつかは、奇形精子症の発生に寄与することができます:

•遺伝的
•化学療法や放射線療法のような癌治療
•精巣障害
•不健康な食事
•肥満
•ストレスや感染症
•タバコ、薬物やアルコールなど。
•高熱
•トラウマやその他の精巣の問題
•精索静脈瘤
•髄膜炎
•糖尿病
•精液感染
•アルコールと薬物乱用

奇形精子症の理由のいくつかは、食事計画 このような是正措置では、精子の質が向上し、不妊症を治す可能性が高まります。

奇形精子症の種類

奇形精子症の治療について議論する前に、頭、中ピース、尾などの体のどの部分にも見られる精子細胞の欠陥について学びましょう。 また、実際には、任意の2種類の異常の全部または組み合わせで発生する可能性があります。 正常な精子は楕円形の頭と長い尾を持っていますが、異常な精子は不格好な頭や二重の尾などの頭や尾の欠陥を持っています。

  • 精子の形態は、奇形精子症の種類と正常な精子の形態と同様の重症度を決定します> 14%
  • 軽度の奇形精子症-ここでは、正常な精子の形態値は、間の範囲10 – 14%
  • 中程度の奇形精子症-ここでは正常な精子形態値は5-9%
  • 重度の奇形精子症-ここでは正常な精子形態値は5-9%
  • 重度の奇形精子症-ここでは正常な精子形態5%

これらのタイプは精液のサンプルの正常か異常な精子細胞のパーセントを示しますが、精液の欠陥を知るためには、奇形精子症の索引はあります の使用。

奇形精子症の治療

欠陥の種類が特定されているので、次のステップは治療に進むことです。 催奇形性精子症の治療は確かに可能です。 適切な治療では、男性はまた、他の精子のパラメータが正常であることを念頭に置いて、正常な妊娠を達成することができます。 精子の数と運動性は確かにこのような場合に心に留めておくべき重要なポイントです。

1. 最初の治療は、ライフスタイルの変化である–奇形精子症を持つ男は、タバコの喫煙、アルコール飲料や薬物などの彼の不健康な習慣を放棄する必要があ

定期的な運動、バランスの取れた食事などを含む健康的なライフスタイルを選ぶべきです。 確かに、精子の質を高めるために抗酸化物質&アミノ酸が豊富な食品を摂取する必要があります。

オメガ3脂肪酸豊富な食品、ビタミンは健康な精子に必要です。 一つはまた、あまりにもビタミンのサプリメントを取ることができます。 これは奇形児のための自然な治療法です。

2. 不妊治療は、精子の形態が悪い妊娠を達成するためにも確かに可能です。

高度な医療生殖技術は、奇形児を持つ男性が赤ちゃんを持つことを可能にします。

軽度の奇形精子症の場合、治療の選択肢として使用できる子宮内授精であるハイデラバードでのIUI治療は、精子数と運動性が正常である必要があり、女

ハイデラバード/ICSIにおける中等度&重度の催奇形性精子症-IVF治療の場合は、むしろ治療オプションとして選択することができます。 体外受精または体外受精は、卵子と精子がむしろ実験室で受精され、受精すると、結果として得られる胚が女性の子宮に移される生殖補助技術の一種

一方、細胞質内精子注入(ICSI)は、選択された精子細胞を自分の卵子に直接挿入するプロセスです。 これは卵を突き通すことと同様、達する精液にかかわる難しさを除去する。

奇形精子症の状態は可逆的なものであることに注意する必要があります。 治療を受ける可能性は、原因となる要因が本質的に一時的なものである場合に備えて、高熱やストレスの多いイベントが含まれます。 形態学的変化が精子に見える場合、彼らは通常、数ヶ月後に撮影された第二の分析報告書に反映し続ける、寄与因子として他の関連疾患がある可能性 遺伝的理由のために発生しているように見えるシナリオでは、奇形精子症は非常に深刻な状況になる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。