矢印を使用して画像を参照するか、フルスクリーンスライドショーの写真をクリックします。

説明:

提出者Thomas Craveiro,Trustee,Santa Barbara Botanic Garden:この茶園は、茶店と周囲の自然環境を完全に統合し、茶道に適切な設定を提供するように設計されています。 レイアウトには、入り口の門、石橋で区切られた内外の庭園、水を保持する石の盆地(つくばいつくばい)などの伝統的な要素が含まれています。 地元の御影石の飛び石は、市川正美の茶道の原則に従って置かれています。 新館南庭園は、日本式の茶園のプレゼンテーションに排他的にカリフォルニアのネイティブの植物を使用するだけではないにしても、非常に少数の クロマツが選ばれたかもしれないところで、私たちは様々な形でmanzanita(Arctostaphylos)を使用しています。 カリフォルニアイチゴ(Fragaria)は、常緑の地被として使用されています。 西部イチイ(Taxus brevifolia)は基礎的な低木として設置されました。 他の一般的に発生するネイティブの植物は、オークと杉が並んで、穏やかな、穏やかな峡谷を呼び起こすために使用されています。 庭は約8,000平方フィートを包含し、茶室を避難所大きな岩によって南西端に固定されています。

庭園の歴史:

この茶園は、ジョンHによって寄贈された新館の到着に対応するために2000年に作成されました。 サンタバーバラ植物園へのEsbenshade家族。 1926年に設立された植物園は、様々な風景の中でカリフォルニアの豊かなネイティブの植物相を展示しています。 日本の茶園の設計原則およびカリフォルニア原産の植物を使用して、この茶園は独特である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。