ニューヨーク—L-3Communicationsは、通信システム-ウェスト部門が陸軍航空応用技術総局(AATD)により、Hunter Standoff Killer Team(HSKT)Advanced Concept Technology Demonstration(ACTD)のTactical Common Data Link(TCDL)技術のプロバイダに選ばれたと発表した。
HSKT ACTDは、4年間の技術実証(TD)と2年間の拡張ユーザー評価(EUE)で構成される6年間のプログラムである。 契約はL-3のための戦略的な、競争的に値を付けられた勝利である。 ACTDの場合、TCDL技術は陸軍のAH-64D Apache、A2C2S Blackhawk、およびHunter UAVシステムに統合されます。 2004年度には正式な軍事ユーティリティ共同評価(JMUA)が実施され、2005年度と2006年度にはEUEが実施される予定である。 JMUAの成功に続いて、陸軍はこの新しい能力を正式な取得プログラムに移行して、陸軍航空有人および無人航空機艦隊を装備することを計画しており、1000を超えるシステムのための機会となっています。
TCDLは、無人および有人空中偵察プラットフォームの両方をサポートするための広帯域、相互運用可能なデジタルデータリンクのファミリーとして開発され 陸軍航空は戦術的な無人偵察機のための地対空および空対空データリンクのための相互運用性の標準としてTCDLを調査しています。 L-3のTCDLはHSKT要件を満たすために十分に一致しており、コマンドリンクで200Kbps、戻りリンクで2-45Mbpsを提供します。 Cdl規格に準拠して構築され、認定されたL-3TCDLシステムは、すべての米軍サービス全体で多くの航空および地上プラットフォームとの相互運用性を保証
L-3Communication Systems-Westは、ユタ州ソルトレイクシティに所在し、防衛産業向けの情報収集、画像処理、衛星通信のための通信システムのリーダーである。 さらに、会社は商業無線製品および衛星通信システムの広い範囲を提供します。
ニューヨーク市に本社を置くL-3Communicationsは、諜報-監視-偵察(ISR)製品、安全な通信システムおよび製品、航空電子工学および海洋製品、トレーニング製品、マイクロ波コンポーネ その顧客は国防総省、選ばれた米国の政府の諜報機関、航空宇宙の主な請負業者および商業電気通信および無線顧客を含んでいます。
-終了-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。