よく接続され、精通したショービジネスの専門家であり、彼自身の権利によってニューヨークの社交界、起業家Stephen Orsoは、今日のポップカルチャーのエコシステムにマークを作ることを期待して彼の足跡をたどるために新しい世代にインスピレーションを与えました。

オルソはニューヨークでのパワープレイヤーとしてのつながりと、彼の父のエリート幹部や財務大物実業家の広範なリストを通じて、彼らは主要なパートナーシップを確保することができた。 彼らはNivea、Facebook、Sports Illustratedのような企業のtitan企業からスポンサーを得ました。 父と息子のデュオは、ブラック-アイド-ピーズ、ディプロ、デビッド-ゲッタ、ディディなどの音楽の才能を確保しました。

Orsoチームは重要な有名人と多くの長期的な関係を築いた。 これは、様々なイベントのための有名人の出演を提供するためにそれらを導いた、ライブ才能のパフォーマンスとクラブの所有者を供給し、オールラウンドネットワーキングレルムをキュレーション。

長年にわたり、スティーブンは顕著な指導者であった。 彼は彼があらゆるパートナーシップからの結合されたエネルギーの利用でとても成功している理由である彼の強さおよび弱さの広大な意識を有する。

は音楽ビジネスにおける彼の影響力を統合することを決意し、オルソはライド-オア-ダイの精神に引き寄せられた。 多くの知名度の高い音楽の幹部のように、Orsoは、彼がかつてサポートし、前進した特定の才能に来るとき、満足のいく成果を経験しています。

彼のインプリント、ロイヤルティレコードは、公平性と最終的にwin-winのソリューションを彼らの才能を提供しようとしています。 同社は、生産現象カイルStembergerとKBeaZyのような多くの成功したアーティストに家ですが、彼らはそこに停止しません。 オルソは彼の忠誠心の家族を構築し、彼の磁気に相当する遺産を残すことを計画しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。