Tableauの積み上げ棒グラフの概要

Tableauの積み上げ棒グラフは、視覚化に使用されるツールです。 これは、データを視覚的に分析するために使用されます。 Tableauの積み上げ棒グラフを使用して対話型の共有可能なダッシュボードを作成し、そのダッシュボードを使用して、グラフやグラフを使用して傾向やデータのバリエーションを表すことができます。 オープンソースではありませんが、学生版が利用可能です。 それについての興味深い部分は、それがリアルタイムのデータ分析を可能にするということです。 これは、ファイル、ビッグデータソースに接続するために使用することができます。 成長のためのその需要は、学者、ビジネス、および多くの政府機関で使用されています。

では、積み上げ棒グラフとは何かについて説明しましょう。 したがって、積み上げ棒グラフは、さまざまなカテゴリのデータをグラフィカルに比較するだけでなく、全体を分解して全体の一部を比較する機能も バー内の各セグメントは、全体の異なるカテゴリを表します。

無料のデータサイエンスコースを開始

Hadoop、データサイエンス、統計&その他

次に、Tableauを使用して積み上げ棒グラフを準備するプロセスを始めましょう。 作業を開始する前に、tableauダッシュボードでディメンションとメジャーの違いを確認してみましょう。これは非常に重要であり、簡単に理解するのに役立ちます。

では、tableauのメジャーとディメンションとは何ですか?

答えは、Tableauがデータを2つの部分に分割することです。 ディメンションは、集計できない項目や定性的な値(名前、地理データ、日付)を含む項目であり、メジャーは集計でき、数学演算に使用できる項目です。

Tableauの積み上げ棒グラフ

以下は、tableauで積み上げ棒グラフを作成するための別のアプローチです。

アプローチ1

  1. Tableauを開くと、以下の画面が表示されます。
  2. Tableauランディングページにある接続オプションを使用してファイルに接続します。 私の場合、接続するexcelファイルがあります。 Excelオプションを選択し、接続するファイルを参照します。

  1. 私は6つの属性を持ち、数値とカテゴリの両方の値を含むoffice supplies datasetを使用しています。 以下のスクリーンショットは、シートに接続するとtableauでどのように表示されるかを示しています。 よく見ると、測定領域には2つの属性(単位と単価)があり、ディメンション領域には4つの属性(地域、担当者、品目、日付)があります。

  1. ツールチップ”ワークシートに移動”が表示されたsheet1をクリックします。 これはあなたの視覚化を準備するところである。 以下のスクリーンショットは、それがどのように見えるかを示しています。

  1. 私たちは、私たちの場合には、例えば単位のための測定領域から変数のいずれかをドラッグアンドドロップした場合。 これはデフォルトの合計に集計され、ドラッグアンドドロップすると棒グラフが作成されます。 以下のスクリーンショットはこれを示しています。

  1. ここで、適切な棒グラフを作成する場合は、ディメンション領域のいずれかを列領域にドラッグアンドドロップすることで作成できます。 私たちの場合、その目的のために次元”Item”を使用することができます。 アイテムの寸法を列セクションにドラッグアンドドロップしたら。 各バーがアイテムの特定の名前/ブランドを表し、バーの高さが車のそのクラスの単位の合計(集計)を表す棒グラフが表示されます。 この下のスクリーンショットでは、同じことが示されていることがわかります。

  1. 次に、適切に積み重ねられた棒グラフを作成するには、セグメントが必要です。 我々の場合、我々は適切なセグメントとして領域を使用することができます。 したがって、どの地域が行うのかは、それが属する地域に基づいてアイテムの名前を分割することです。 私たちのデータセットでは、東、西、中央の3つの地域があります。 これらをかなり魅力的で認識可能にするために、ディメンション領域からマークカードに”領域”をドラッグします。 私たちはマークカードに”地域”をドラッグすると、我々は積み重ねTableauチャートを見るために取得します。

次に、第二のアプローチを使用して積み上げ棒グラフを作成してみましょう。 このアプローチは最後に少し異なりますが、同じ結果が得られます。

2

  1. ステップ1からステップ6までのすべてのステップは、2番目のアプローチでも同じままになります。 ステップはステップ7から変更されます。
  2. この場合、まずカラーシェルフからセグメント”Region”を削除し、ディメンション領域から”Item”のすぐ横の列セクションに”Region”を配置しましょう。 したがって、カラーシェルフから列セクションに”region”をドラッグアンドドロップします。 Tableauでは、以下の棒グラフが表示されます。

  1. 上記のグラフを取得した後、棒グラフをStacked Bar Graphに変換する必要があり、そのためには、右上隅にshow me buttonというボタンがある上の前のスクリーンショットを Show-meボタンは、様々なグラフやグラフを提供し、ユーザーは該当するグラフのいずれかを選択することができます。 該当するグラフが強調表示されます。 下のスクリーンショットは、”Show Me”ボタンを示しています。

  1. あなたは積み重ね棒グラフの上に見ることができるように強調表示され、我々はちょうど積み重ね棒グラフをクリックする必要があり、以下に示すよ

興味深い点

  1. ツールバーにある”マークラベルを表示”ボタンをクリックすると、積み上げ棒グラフにラベルを追加できます。 それをクリックすると、以下に示すようにグラフにマークラベルを追加することができます。

  1. レベルをもたらす別の方法は、マークカードに存在するレベルシェルフにメジャーまたはディメンションペインからデータラベルのいずれかをドラッ 私たちの場合、ユニットの数をラベルとして設定したかったのです。 そこで、”Unit”ラベルをメジャーペインからラベルシェルフにドラッグアンドドロップしました。

  1. Tableauの興味深い機能は、特定のスタックを選択すると、その特定のスタックの詳細が表示されることです。
  2. 積み重ねられた棒グラフから特定の積み重ねを削除することもできます。 そのためには、削除するスタックを選択し、表示されるダイアログボックスでexcludeを押すだけで、そのスタックがグラフから削除されます。 私たちの場合、グラフから右上隅のスタックを削除しました。

推奨記事

これは、Tableauで積み上げ棒グラフを作成するためのガイドです。 ここでは、スクリーンショットを使用してtableauで積み上げ棒グラフを作成するための基本的な概念とさまざまなアプローチにつ また、他の推奨記事を参照して詳細を確認することもできます–

  1. Tableauのツリーマップ
  2. Tableauのガントチャート
  3. データベースをPHPに接続するにはどうすればよいですか?
  4. Tableauでの折れ線グラフの概要
  5. プログラムを使用してJavaFX棒グラフを作成する方法は?
0 株式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。