ワイヤレスイーサネットブリッジは、ワイヤレスクライアントモードと同様の方法で動作しますが、サブネットの設定は異なります。 クライアントモードと同様に、ルータの種類は無関係であり、ルータに対する管理者権限を持つことは不可欠ではありません。 ただし、イーサネットブリッジにこのオプションを使用する場合は、ルータに対する管理者権限を持っていることをお勧めします。

最も重要な違いは、同じサブネットワークを使用して、クライアントとして機能するルータとメインアクセスポイントとして機能するルータをブリッジ このため、クライアントルーターは同じサブネットワークに配置され、メインルーターからデバイスにDHCPアドレスを転送します。 その結果、コンピュータはホストルータ(アクセスポイント)に直接接続されていると考えられます。 ここでは、ルータにワイヤレスイーサネットブリッジを設定するために何をする必要があるかについての詳細を見つ

1. ワイヤレスイーサネットブリッジをセットアップできるようにするには、最初に行う必要があるのは、WiFiチャネルとSSID(ネットワーク名)を含むホストルーター イーサネットブリッジモードでは、プライマリホストルーターへの管理アクセスが重要です。 ホストルーターまたはクライアントルーターに接続されているクライアントコンピューターは、どのルーターに接続されているかに関係なく、他のデバ

プライマリホストルーターへの管理アクセス権を持っている場合は、そのIPアドレスを既に知っている可能性があります。 それ以外の場合は、ラップトップを使用してプライマリアクセスポイントに接続し、コマンドプロンプトを開き、”ipconfig/all”と入力します。 “デフォルトゲートウェイ”の横にアクセスポイントのIPアドレスが表示されます。

クライアントルーターをイーサネットブリッジモードで設定するには、以下の手順に従います:

  1. [ツール]、[ワイヤレス]の順に移動し、[調査]を選択します。
  2. 更新をクリックして、使用可能なワイヤレスアクセスポイントを表示します。
  3. 接続するアクセスポイントを見つけます。 SSIDを取得する必要があります。 ここでは、アクセスポイントに対する管理者権限が必要な場所であり、アクセスポイントを持っていない場合はパスワードを取得する必要があります。
  4. クライアントルーターにログインし、Basicに移動し、Networkに移動します。
  5. ブリッジモードが使用されているため、LAN IPアドレスを設定するために選択したものは関係ありません。 ただし、ホストアクセスポイントのサブネットワークの外側に何かを設定すると、クライアントルーターの管理パネルに到達できなくなることを考慮す このため、プライマリルーターのサブネットワーク内にあるIPアドレスを使用することをお勧めします。 たとえば、アクセスポイントルーターのIPアドレスが192.168.1.1の場合、クライアントルーターのIPアドレスは192.168.1.2に設定できます。 ルータのいずれかに接続されているデバイスは、ネットワーク上の他のデバイスの可視性を持つことに注意してください。
  6. ホストルーターはネットワーク全体のDHCP要求を処理するため、DHCPが必要ないため、DHCPが無効になっていることを確認してください。 Wireless Ethernet Bridgeモードを選択すると、WANポートを含む一部のオプションが変更または使用できなくなることがわかります。
  7. SSID、パスワード、セキュリティの詳細を入力します。 ブリッジモードが使用されている場合、WepはTomatoでサポートされていないため、代わりにWPAまたはWPA2を選択する必要があります。 ホストルーターとクライアントルーターは同じセキュリティオプションを使用する必要があります。 これが完了したら、[保存]をクリックします。

注:ホストルーターがWPA2を使用しているが、クライアントルーターをホストルーターに接続できない場合は、セキュリティタイプを変更することができます。 個人的なWPA/WPA2を選ぶことができます。 接続を確立するには、コンピュータを再起動するか、IPアドレスを更新する必要がありますが、これはIP構成によって異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。