要約:入院中の敗血症の発症と同じ日に、42歳の日本人男性に置かれた末梢静脈カテーテル内の濁液が同定された。 流体培養と血液培養の両方の培養物はセレウス菌を増殖させた。 末梢静脈カテーテル中の濁った液体は、血流感染を引き起こす細菌の増殖の徴候として考慮されるべきである。

ケースブログ: 頭部外傷を負った42歳の日本人男性が救急部に運ばれ、硬膜外血腫のために手術に成功しました。 しかし、術後18日目に、患者は頻脈と頻呼吸を伴う摂氏38.8度の発熱を発症し、敗血症の可能性のためにバンコマイシンとシプロフロキサシンを含む経験的な非経口抗菌薬を受けた。 四日後、抗菌剤を開始する前に得られた血液培養のすべての二重セットは、セレウス菌を増殖させた。 同日、看護師は、患者の末梢静脈に配置されたカテーテルチューブ(図1、白い矢印)内のアミノ酸を含む流体中に白い濁った混雑を発見した。

カテーテルを抜去し、この病院の微生物学研究所に送られた。 濁った液体のグラム染色検査では、胞子形成を伴うグラム陽性桿菌が示され(図1、黒丸)、これは最終的に液体および注入ボトルからの微生物学的培養 アミノ酸を含む栄養液は、セレウス菌血症の源となり得る。 カテーテル関連血流感染症は、以前に一般的な無実の汚染物質として注目されていたセレウス菌を伴う細菌性熱を有する患者において考慮されるべきである。 セレウス菌は、アミノ酸、グルコースおよび電解質からなるPPN溶液中で急速に成長することができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。